Topics

ライフスタイル2021.09.14

「おうち時間」をもっと楽しく! ママライターおすすめおうち遊び3選!

昨年からの新型コロナの影響で、おうち時間が長くなりました。小さいお子さんと一緒に過ごすママやパパたちは、子どもとどのようにしておうち時間を楽しく過ごしていますか? 夏は、庭にビニールプールを出して水遊びをしていた方も多かったでしょう。おうち時間が増えるこれからの季節におすすめの、お家遊びをご紹介します。

 

 

★おうちでピクニック

一日三食。毎日ご飯は欠かせません。でも、いつも同じテーブルにつくのではなく、ちょっと場所を変えてみませんか? 場所を変えるだけで雰囲気が変わり、ちょっとしたレジャー気分が味わえますよ。

 

1.まずは、レジャーシートを用意しましょう!

レジャーシート1枚で、心はもうウキウキ♪ おうちがいつもと違う雰囲気に。お子さんと一緒にどこに敷くか相談してみてください。わが家の定番は、サンルームと玄関。風を感じながらの食事に家族の笑みがこぼれます。

 

2.お料理と飲み物を運びましょう!

ピクニックみたいに、お弁当箱に詰めても良いですし、皿ごと運んでもOK。場所が変わるだけで、いつもの食卓が違う雰囲気に。

 

夜の場合は、懐中電灯やアウトドア用のランタンを付けて部屋の明かりを消してみましょう。

 

 

 

★怪盗Xの挑戦状

わが家には雨でどこにも行けない日は、怪盗Xから挑戦状が届きます。見つけやすい場所に貼られた挑戦状を見つけられた子どもは、「怪盗Xから手紙が来たよ!!!」と興奮してもってきます。挑戦状の内容は年齢に合わせて変えてみましょう。

 

☆挑戦状案

レベル① ぬいぐるみの〇〇ちゃんたちをかくした。見つけられるかな?

ぬいぐるみを数体用意して隠しましょう。最初はすぐ見える位置に。すぐ見つけられる状態から始めて、段々難しくしていきましょう。見上げないと見つけられない高い所に隠すのも良いです。

 

レベル② ぬいぐるみの〇〇ちゃんをかくした。まずはこのもんだいをといてみよ。

挑戦状を探して、問題を解きながら家の中を何カ所か回り、ゴールでぬいぐるみが発見できるようにする。

例:和室を探せ→ 手紙:くまちゃんは音楽が好きだよ! →ピアノの近くを探させる。

 

 

★おうちで暗闇体験&お化け屋敷

子どもはいつもと違う雰囲気が好き。テレビを見る時に部屋を暗くして映画館のような雰囲気にすると喜びますよね。わが家での暗闇体験が始まったきっかけは、懐中電灯を買ったこと。今は100円ショップでも買えるので、子どもに懐中電灯を持たせて、一緒に真っ暗なお家を探検してみましょう。ゆっくり歩いて、扉をそ~っと開けたり、何かいるかも?? と声を掛けたり、天井を照らしたり。ドキドキ感がたまりません。

わが家では、探検が段々進化していき、おうちがお化け屋敷に。子どもにミッションを与えて部屋を回らせ、途中で大人がお化け役になり子どもを驚かします。新聞紙をカサカサ鳴らしたり、ボールをコロコロ転がしてみたり。ぬいぐるみに懐中電灯の光をあて、壁に影をうつしたりして雰囲気を演出します。

例:キッチン、リビングを一周してトイレの扉をタッチしてから戻ってきてね。

 

 

いかがでしたでしょうか? いつものおうちで食事の場所を変えたり、明かりを消して部屋の雰囲気を変えるだけでちょっとしたレジャー気分になりますよね。お子さんの年齢に合わせて、それぞれの家庭で工夫をして楽しんでみてください。

 

(はっぴーママ編集部 ママライターY)

最新号

78号 最新号を読む 配布先バックナンバー