Topics

ごはん・おやつ2020.08.18

とやまごはん 【豚肉】

富山県は食材の宝庫。旬の食材を使った栄養バランスが豊富な「とやまごはん」をご紹介。親子で旬を味わおう。

県内の生産状況

県産の出荷頭数は、年間約6万頭。「とやまポーク」はブランドの総称で、主なものに黒部名水、タテヤマ、フクノマーブル、城端ふるさと、メルヘン、たかはた、おわらクリーン、むぎや、地養豚がある。どれも肉質がよく新鮮なのが特徴。

含まれる主な栄養素

タンパク質は筋肉や臓器、血液をつくるので、成長促進に効果的。適度な脂質は免疫力を高め、老化予防にもなる。ビタミンB1は糖質の代謝を促す効果があり、疲労回復や夏バテ対策によい。

 選び方や保存方法

しっとりとした質感のピンク色で、薄いサシが入っているものが、新鮮でやわらかく肉質がよい。厚めの肉を冷凍する場合は、パックから取り出し1枚ずつラップで包み冷凍すると旨味が逃げない。

 

【こどもごはん】やわらかジューシー豚丼

【材料】(1人分)※おとなごはんの利用分を含む

  • 豚肉小間切れ 150g
  • 【醤油麹】(作りやすい分量)
      ┣米麹 200㏄
      ┗生醤油 200㏄
    ※【醤油麹】は味噌で代用可
  • 砂糖 大さじ1
  • ニンニク 1片
  • ムラサキキャベツ 1/4個
  • 塩麹 大さじ3
  • ラッキョウ酢 適量
  • 豆苗 10本程度
  • すりえごま 少々
  • ごはん 適量

【作り方】

  1. 【醤油麹】米麹と生醤油を容器に入れ軽くふたをし、常温に置く。1日1回混ぜて2週間で完成。(冷蔵保存可)
  2. 食品用袋に、醤油麹15g(味噌なら10g)と砂糖、すりつぶしたニンニク、豚肉を入れ揉む。冷蔵庫で1~3日(味噌なら1時間)ほど漬け込む。
  3. ムラサキキャベツを千切りにしボウルに入れ、塩麹を加えて揉む。ぎゅっと絞った後、ラッキョウ酢を加えて和える。⇨1/2程度をおとなごはんに利用
  4. フライパンを熱し、2の袋から取り出した豚肉を炒める。⇨1/3程度をおとなごはんに利用
  5. ごはんに、34をのせ、豆苗を飾る。すりえごまをふりかけて完成!

目玉焼きやチーズをのせてもおいしいよ!

 

【おとなごはんにアレンジ】豆苗のピリ辛和え

【追加する材料】(2人分)

  • こどもごはんの豚肉 1/3程度
  • こどもごはんのムラサキキャベツ  1/2程度
  • 豆苗 1/2袋
  • マヨネーズ 大さじ1/2
  • ラー油  数滴
  • 粒マスタード  適量

【作り方】

  1. 豆苗をざく切りにし、熱湯でさっとゆでてザルにあける。水気をよく絞る。
  2. ボウルに、1と豚肉を入れ、マヨネーズ、ラー油を加えて和える。
  3. 皿に2とムラサキキャベツを盛りつける。ムラサキキャベツに粒マスタードをのせて完成!

豆苗をキュウリやもやしに変えてもGOOD!季節の野菜で試してみて

(2018夏vol.65号掲載)

レシピを教えてくれたのは…

OCATTE代表 フードキュレーター(南砺市)中川 裕子さん

中川 裕子さんからのアドバイス

仕込んでさえおけば、食べたいときにあっという間に作れるメニューです。醤油麹は、漬けておくと肉の繊維がやわらかくなりますから、子どもにも食べやすく、消化も助けてくれますよ。

最新号

78号 最新号を読む 配布先バックナンバー